メニュー

リング・ぺッサリー自己着脱外来

〜リング・ぺッサリー療法を受けられている患者様へ〜

現在、ペッサリー・リングを常に装着している状態です。

常に装着した状態の場合は1~2か月ごとにペッサリーと膣内の状態を診察する必要がありますので、

定期的(1~2か月ごと)に、受診をお願いいたしております。

診察を怠ると、膣内の環境が悪くなり、おりものや出血の増加、膣内に埋没してしまう恐れがあります。

埋没した場合は、取り出さないと他の臓器へ影響を与えるため、手術となります。

膣内の環境を整えるために、当クリニックではペッサリーの自己着脱をお勧めしています。

膣の環境が整うことで、最大6か月ごとで受診可能となります。

医師の管理下で連続でペッサリーを装着している方とご自分でペッサリーを着脱して管理されている方、この2つの方法のメリットとデメリットについてご説明します。

 

  連続装着法 自己着脱法
方法 終日装着 患者様自身が着脱を実施
受診期間 1〜2ヶ月ごとに受診が必要 3〜4ヶ月の受診が可能(最大6ヶ月)
メリット

*自己管理が出来ない方も使用可能

(認知症・手指の完全麻痺がある方・精神的に問題がある方)

*医療者が管理してくれる安心感

腟内が荒廃しない。

(腟内雑菌の増加からおりものが増加し悪臭・炎症・びらん・潰瘍を合併する心配がない。)

*脱落しても自分で整復可能

*性行為は可能

*手術を決意した際に手術予定が立てやすい 

デメリット

*腟内に異物を入れ続ける

 ➡腟内雑菌の増加からおりものが増加し悪臭・炎症・びらん・潰瘍を合併する場合がある

*放置すると腟内に嵌頓する恐れ

 ➡装着したリングやぺッサリーがとれなくなる

*自己着脱の手技習得に時間がかかる患者もいる。

連続装着のデメリットで、頻回の発生する「おりもの増加」や「悪臭」が気になる場合は、自己着脱をお勧めします。

メガネ等と同じで、夜はペッサリーを外して日中活動時に自分で装着していただく事になります。

指導は個別で看護師が行います。(完全予約制:第1、3金曜日14:30~16:30)

この機会にペッサリーも自分で管理をしませんか?いつまでも快適に生活ができるように一度ご検討ください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME